FC2ブログ

トリアノン店主・安西由紀雄のブログ

高円寺駅前で創業52年のトリアノン洋菓子店店主・安西由紀雄のブログです。新作スイーツのお話や、昔話など少しずつですが、ご紹介したいと思います。

プロフィール

trianon

Author:trianon
トリアノン店主 安西 由紀雄
20才の時トランクを2つ持って、横浜からフランスの貨客船に乗りフランスへ菓子の修行に行きました。3年間パリで学んだ後、スイスのチューリッヒにて1年間スイス菓子を学び、日本に帰国。父の店トリアノンに入りその跡を継ぎ、現在もお客様に愛される店作りに専念しています。

最新トラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 昔話その8  肉

いつもご来店いただきまして、誠に
ありがとうございます。

快晴の青空は、今日までで明日は曇って、
もしかしたら雨から雪になるかもと天気予報
で言っています。
こういい天気が続きますと、雨が少し降って
くれた方が良いかもしれません。

明日2月9日は、肉の日だそうです。
私は肉が大好きで、特にレアーに焼いたのが
好物です。

またまた50年前の話の続きですが、
パリで働いていた時、賄いの食事はおいしく、
お菓子だけでなく、惣菜もレストランも営業して
いたので、コックさんが3名いて、毎日いろいろな
料理を出してくれていました。
毎日肉料理ですが、キリスト教の影響で金曜日
だけは、魚料理でした。
野菜はほとんどジャガイモで、いろいろな調理
方法で飽きませんでした。
毎日賄いの食事を食べていると、スタミナと馬力
が付くようになります。
最初の頃は先輩から、”もっと早く仕事をやれ、
早く、早く”と言われ、
”お前は経営者に雇われているんだ
から他のこと考えたらだめだ、いかに仕事を早く
きれいに出来るかだけ考えて仕事をしろ”と、
常に言われ続けられてきました。

物を探しに行けば 
”散歩しているんじゃない、しかし走るな、
速足でいけ” と言われていました。
毎日肉を食べているせいか段々とスピードが
フランス人に追いついていき、怒られることも
少なくなってきました。

しかしクリスマス近くなると忙しくなり、毎朝5時
出勤に、夜終わるのが10時になって来ました。
22日は朝4時出勤、23日24日は朝3時出勤、
これには最初の年は、参りました。
帰って夕飯食べて、2~3時間寝て、タクシーが
捕まらなかったらどうしようかとか、メトロ5駅を
走っていかないととか思い悩みました。
結局タクシーに乗れて、事なきを得ましたが
私は疲労困憊でしたが、フランス人はどうって
ことない顔をしてガンガン仕事していましたね。
肉食人種にはかなわないと、この時はつくづく
思い知らされました。
25日は、5時出勤で午後2時には仕事が終わり
社長のムッシューミッシェルとマダムシモーヌが、
仕事場にシャンパンとカナッペを持って来て、
みんなにご馳走してくれ、全員で”メリークリス
マス”と言って乾杯しました。

みんな楽しそうに飲み食いしてましたが、私は
早く帰って何しろ寝たかったです。
あの時ほど、肉食のフランス人の馬力に感心した
ことはなかったですね。
悔しいですが、彼らに負けました。

昔話をもう少し続けさせていただこうと思って
いますので、よろしくお願いいたします。

本当に、何時も拙い私の思い出話にお付き
合いいただきましてありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

   トリアノン店主  安西 由紀雄

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。