トリアノン店主・安西由紀雄のブログ

高円寺駅前で創業52年のトリアノン洋菓子店店主・安西由紀雄のブログです。新作スイーツのお話や、昔話など少しずつですが、ご紹介したいと思います。

プロフィール

trianon

Author:trianon
トリアノン店主 安西 由紀雄
20才の時トランクを2つ持って、横浜からフランスの貨客船に乗りフランスへ菓子の修行に行きました。3年間パリで学んだ後、スイスのチューリッヒにて1年間スイス菓子を学び、日本に帰国。父の店トリアノンに入りその跡を継ぎ、現在もお客様に愛される店作りに専念しています。

最新トラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 昔話その6  野菜炒め

いつも寒い中 ご来店いただきありがとう
ございます。
と言っても今日は、少しホッとするような
暖かい気候ですね。

私は、昔から野菜が好きでした。
今も夕飯に野菜たっぷりの鍋料理が、食卓
に出るとうれしくなります。
それに野菜炒めも、もちろん好きです。
ここ数年小さな貸農園を借りて、野菜を
作っているので余計に食べる回数も
増えました。
いつも健康管理してくれているお蔭もあり、
また健康な体で産んでくれた両親のおかげも
あって、大きな病気もせず風邪もほとんど
引かずに今まで過ごしてこれました。

毎回パリの時の話で恐縮ですが、パリの
お菓子屋さんで働いていた1月の初旬に、
クリスマスの仕事の疲れもあって、
風邪をひいてしまいました。
朝アパートの管理人さんに、勤め先に
病気で休む旨 電話をしてもらいました。
管理人さんが心配して、お医者さんを
呼んでくれ、処方箋を書いてもらって、
薬局まで薬を取りに行ってくれました。
その薬を飲んだら、すきっ腹のせいと
薬が強いせいもあって、胃が痛くなり
往生しました。

このとき何も食べていないので、何か
食べなければと思いついたのが日本で
良く食べていた野菜炒めでした。
なんでか無性に野菜炒めが食べたく
なって、これなら胃に優しくて元気が
出ると思い、アパートから300メートル
行ったところにある日本料理屋に初めて
何とかして行きました。
板前さんが近所に住んでいる事もあり
メニューにない野菜炒めを、特別に作って
くれました。
カウンターの隅っこに座って、野菜炒めと
あったかいホカホカのご飯とみそ汁を
食べ始めたら、おいしくて泣けましたね。
おかげで翌日仕事に行けましたが、
皆からこの時はさすがに白い目で睨まれ
ました。
同僚のみんなも疲れているのに頑張って
仕事をしているのが解るので申し訳ない
なと言う気持ちで一杯でした。

あの時の野菜炒めのおいしかった事と、
みんなが親切だったことが、今でも
懐かしく思い出されます。

もう来週には、バレンタインデーがやって
来ます。
今頃デパートはごった返しているでしょうね。
私どもはデパートさんで売っている商品の
パッケージの素晴らしさには、残念ながら
負けてしまいますが、少しでもそれに近ずく
努力はしていますし、味なら負けませんので、
是非トリアノンの店頭に並んでいる多くの
バレンタイン用のチョコレート商品も、
どうぞよろしくお願いいたします。

いつも私の拙いブログを読んでいただき
感謝しています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

   トリアノン店主  安西 由紀雄
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。