トリアノン店主・安西由紀雄のブログ

高円寺駅前で創業52年のトリアノン洋菓子店店主・安西由紀雄のブログです。新作スイーツのお話や、昔話など少しずつですが、ご紹介したいと思います。

プロフィール

trianon

Author:trianon
トリアノン店主 安西 由紀雄
20才の時トランクを2つ持って、横浜からフランスの貨客船に乗りフランスへ菓子の修行に行きました。3年間パリで学んだ後、スイスのチューリッヒにて1年間スイス菓子を学び、日本に帰国。父の店トリアノンに入りその跡を継ぎ、現在もお客様に愛される店作りに専念しています。

最新トラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 今日は、おむすびの日だそうです。

いつもありがとうございます。

なぜか今日は、おむすびの日だそうです。

もう1年以上前の話ですが、組合の会合が
箱根で開催されるので、一度乗ってみたかった
小田急ロマンスカーの一番先頭の展望車の
席を予約しました。
そうしましたら数日後頼んでいた旅行会社から
最前列の席が取れたとの連絡があったので、
喜んで当日新宿駅の小田急線に停車している
ロマンスカーに乗り込んだら、私の席以外は、
小学6年生の修学旅行生たちで満席でした。

電車が動き出すと、みんなワクワクしている
のが良く解り、”ヤバイ””ヤバイ”を、連発して
いました。
15分おきに公平に席が変わって、私の隣に
座っていた子も交代していきました。
しばらくすると、お昼のお弁当が配られ、
中身はおにぎりでした。
みんなおにぎりを見ないで、前の景色を夢中
になって見ながら食べていました。

私の子供たちの遠足も、こんな風にワクワク
していたんだろうなと思い、それに応えられる
ようなおにぎりを作ってあげられただろうかと、
考えさせられました。

30代前半の親の私の子育ては、未熟で
危なっかしいものでした。
逆に、子供たちから教えられる方が、
多かったです。

そんな事で、ロマンスカーは小田原箱根湯元
に着き、私は会合場所の旅館に向かいまし
たが、なんかズ~と緊張しっぱなしでしたね。
疲れてその晩は、早く寝る事が出来ました。

あの頃子供たちに作ったお結びは、どうして
も三角には出来なくて、俵状のお結びで
許してもらいました。

いろいろと考えさせられた、初めての最前列
のロマンスカーの旅でした。

最近全然お菓子の話をしていませんが、
大丈夫です。
着々とバレンタインチョコレートの準備はして
いますので、もう少ししましたら店頭に数多く
のバレンタイン商品が並びますので、
ご期待ください。

よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

    トリアノン店主 安西 由紀雄
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。