トリアノン店主・安西由紀雄のブログ

高円寺駅前で創業52年のトリアノン洋菓子店店主・安西由紀雄のブログです。新作スイーツのお話や、昔話など少しずつですが、ご紹介したいと思います。

プロフィール

trianon

Author:trianon
トリアノン店主 安西 由紀雄
20才の時トランクを2つ持って、横浜からフランスの貨客船に乗りフランスへ菓子の修行に行きました。3年間パリで学んだ後、スイスのチューリッヒにて1年間スイス菓子を学び、日本に帰国。父の店トリアノンに入りその跡を継ぎ、現在もお客様に愛される店作りに専念しています。

最新トラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 高田賢三さんもカンボジア号でパリに行った。Part2

いつもありがとうございます。

昨日の続きです。
高田さんが渡仏して4年後の1968年の
カンボジア号の航路は、イスラエルと
エジプトの戦争の影響で、スエズ運河が
航行できなくなり、南アフリカの最南端
喜望峰を回って45日かかりました。
運悪くその頃のフランスは学生運動や、
労働者のゼネラルストライキで、
マルセイユに上陸できず、イタリアの
ジェノバにつきました。
ヨーロッパ上陸の第一歩はイタリアでした。

そこから列車でミラノに行き、それから
また列車でスイスのバーゼルまで行き、
そこから長距離バスに乗って
6月2日にパリのマドレーヌ寺院の横の
お菓子や食品で有名なフォーションに
やっと着くことができました。

4月9日に横浜港を出港してから、
54日後にやっとパリに着きました。
今考えると拙い英語とフランス語で、
あこがれのパリによくたどり着けた
ものだとつくづく思います。

この思い出話の続きは、また機会を
見つけてお話しさせていただきます。

ありがとうございました。

     トリアノン店主 安西 由紀雄

  




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。