トリアノン店主・安西由紀雄のブログ

高円寺駅前で創業52年のトリアノン洋菓子店店主・安西由紀雄のブログです。新作スイーツのお話や、昔話など少しずつですが、ご紹介したいと思います。

プロフィール

trianon

Author:trianon
トリアノン店主 安西 由紀雄
20才の時トランクを2つ持って、横浜からフランスの貨客船に乗りフランスへ菓子の修行に行きました。3年間パリで学んだ後、スイスのチューリッヒにて1年間スイス菓子を学び、日本に帰国。父の店トリアノンに入りその跡を継ぎ、現在もお客様に愛される店作りに専念しています。

最新トラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 昔話その4 アフリカから来た人達

いつもありがとうございます。

今日は、昨日の暖かい陽気と、10度以上
も違う寒い朝でした。
暖かい服装で、出勤やお出かけされ
ましたでしょうか。

パリで仕事を初めて、いつも朝5時に
起きて速攻で用意をして、メトロに乗って
仕事場に行きました。
休みの日の朝は、ゆっくりするのですが、
7時ごろには、アフリカから来ている人達の
道路を掃除する陽気な声と、汚れを流す
ための放水の音と、ほうきで掃く音で目が
覚めます。

働いていた職場でも、旧フランス植民地の
アフリカのマリやセネガルから来ている
人たちが4人ほど働いていました。
彼らも陽気で大きな声で話すことが多く、
時々シェフに、注意されていました。

彼らの仕事は、洗い物、掃除、賄いの
食事の給仕などでした。
幸いにも私は、フランス人と同じような
扱いを受け一度も彼らのような仕事をせず、
お菓子だけを作らせてもらえました。

彼らは、流ちょうにフランス語を話しますが、
字が書けませんでした。
私がお菓子の配合を、ノートにフランス語で
書いているのを見て、
”ムッシュアンザイは、フランス語が下手なの
に何で字が書けるのか?”
と、何度も不思議そうに聞いて来ました。
私は、しゃべれる方がもっと良いと思って
いました。

彼らは、敬虔なイスラム教徒で、中庭で
お祈りをしている姿をいつも見ていました。
みんなそんな彼らを、自然な普通な事と
受け止めてました。

あの当時フランスは、社員10人につき、必ず
1名の旧植民地の人を、雇用しなければいけ
ないと聞いていました。
一緒に仲良く働いていた陽気で仕事を真面目
にしていた彼らと同じような人達が、今ヨーロッ
パに難民として必死の思いで海を渡ってくる
映像や、差別されているニュースを見聞きする
たびに、悲しい思いがして来ます。

いつも読んでいただきありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
  • 昔話その3  オムレツ

いつもありがとうございます。

今日は、日中20度近くまで気温が上がる
そうですね。
久しぶりに、散歩でもしようかという気分に
なります。

どうでもいい私の昔話を、またお読みいただ
ければと思います。

私が船で渡欧した時に、フランス全土ではゼネ
ラルストライキをしていて上陸できず、イタリアの
ジェノバに仕方なく上陸しました。
日本人のヒッチハイカーの数人と、ミラノまで
行きそこから彼らはドイツ経由でデンマークを
目指して旅をつづけました。
私は、そこで彼らと別れ、ミラノから、スイスの
首都ベルンの日本大使館に行けば、何か
パリまで行ける方法を教えてもらえるかも
しれないと思い向かいました。

やっとの事で日本大使館に行くと、”フランスとの
国境の町バーゼルから、パリ行きのバスが出て
いるからそれに乗って行きなさい”と
教えてくれました。
列車でバーゼルに行き、パリ行きのバスの
乗り場を確認したら、ホッとして急にお腹がすいて、
バーゼルの駅中にある食堂(ビュッフェ)に
入りました。
ウエイトレスが持って来たメニューを見ても
ドイツ語で書いてあり、さっぱり解らず、そのうち
食べたり飲んだりしているスイス人たちが、
この若い東洋人は何を注文するんだろうと
ジーと見ているのが解り、余計焦り
脂汗も出てきました。
メニューをじーっと見て、やっとオムレツだけが
解り注文しました。
どうか日本で食べているオムレツと、同じものが
来るように願っていました。
しばらくすると、想像通りのオムレツが来ました。
その時も、その場にいたスイス人みんなが、
私とオムレツを見ているのを感じました。
みんな”な~んだ、あの東洋人の若者はオムレツを
食べるのか”と納得して、それ以降はこちらを見なく
なってくれました。
今まではユースホステルで、仲間と食べていまし
たが、駅のビュッフェで一人で食べるのは、
初めてで緊張しました。
オムレツを一口食べたら、”あれ、甘くない!”が、
第一印象でした。
いつも母親が作ってくれていた卵焼きは、砂糖が
入っていて甘く、それに醤油をかけて食べるのが
好きでした。
塩コショウ味のオムレツには、すぐこれもおいしいと
思い、それ以降は自分で作るときも砂糖なしで
食べるようになりました。

翌日朝、バーゼルの駅前からバスに乗りやっと
目的地 憧れのパリに向かいました。
ジェノバで船を下り、ヨーロッパに上陸して
10日目の夕方に、パリに着く事が出来ました。

最後までお付き合い いただきましてありがとう
ございました。

これからもどうぞ宜しく御願いいたします。

   トリアノン店主 安西 由紀雄
  • 昔話その2  ムッシュバウマン

いつも寒い中、ご来店頂きまして誠に
ありがとうございます。

海外に長期間行くのに大事な事は、歯の治療を
しっかりしておくことだと言われていました。
それで、行く前に虫歯を全部直しておきましたが、
渡欧して三年目には、虫歯が出来て少しずつ
痛くなってきました。
4年目にはパリから、スイスのチューリッヒの
お菓子屋さんに勤め始めました。
そこのチーフの名前は、バウマンさんと
言いました。
とても紳士的な人で優しく、フランス語圏の人
ですが、イタリア語もドイツ語もスペイン語も
話せる人でした。
スイスらしいなと思うのは、必ず指示をした後に
”ムシューアンザイ、これは命令です”と、
必ず付け足していました。

スイスで働き始めてしばらくすると、虫歯が
一層痛くなり、バウマンさんに ”虫歯が
痛くてつらいです”と、訴えましたら、”よし、
解った、何とかしてみよう、2,3日待ちなさい”
と言われ、数日後 ”話が付いたから明日、
チューリッヒ大学の医学部の歯科に行ってこい。
無料でやってくれるから”
と言われて、行きました。

看護師に、10台以上歯の治療用の椅子が
並んでいる一台に座らせられて暫く待って
いると、教授と医学生7,8人が来て、私の口の
中を覗き込みながらドイツ語で話していました。
何のこと話しているか解りませんでしたが、
ああこれが無料だと言う事かと、納得しました。
そしてとうとう、教授が”ペンチ”を取って、
私の虫歯を2本抜いて消毒して、
授業は終わり、私は帰されました。

店に戻りバウマンさんに報告したら、
ゲラゲラと笑われ、”そんな血だらけの口を
したままでは仕事は無理だから、今日は
帰って寝ろ” と言われてしまいました。

日本に帰るまでの8か月間は、何とか
2本の歯のないまま過ごしました。
ここだけの話ですが、そこの抜いた2本は
今は入れ歯です。
入れ歯を付けるたびにチューリッヒの懐かしい
思い出が時々よみがえって来ます。

今日は、余り美しいお話ではありませんでした。
お見苦しい点を、お許しください。

これからもよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

   トリアノン店主 安西 由紀雄
  • 昔話その1  ムシューミシェルとマダムシモーヌ

いつもありがとうございます。

毎日寒い日が続いていますが、ご機嫌如何ですか。
インフルエンザが、猛威を振るっているようですので
お気を付けください。

私がパリで働いていた時の社長さんは、ムシュー
ミッシェルさんと言いました。
毎朝6時に出社するともう来ていて、私たちに
カフェオレを作ってくれていました。
いつもそれを飲んでから、仕事を始めました。
ケーキ作りは、あまり得意ではないようでチーフと
セコンドに任せていました。
しかし基本的な事には、とても厳しい方でした。
ある日、私がジャムの塗り方で、大失敗したことが
ありました。
それに気づいたセコンドが怒り、ジャムが付いて
いるヘラを私の鼻に付けてきました。
通りがかりにそれを見た、ムッシューミッシェルさんが、
”なんてことするんだ、2度とこんな事するな”と、
セコンドに大きな声で怒り、私に対しては、
”安西、悪かった、ごめん”と、謝ってくれました。
この時はうれしくて、涙が止まりませんでしたね。

マダムシモーヌさんは、ミッシェルさんの奥様です。
小柄でスマートな、きれいな方でした。
天気のいい日は、お昼ご飯を食べた後、何人もの
パティシエたちが、中庭で座って日向ぼっこをします。
そんな中をマダムシモーヌが通ると、必ず
”安西  元気?” と聞いてくれます。
私が”はい、元気です。”と答えると、
”そう、良かった”と、笑顔で返してくれました。
このマダムシモーヌの笑顔の一言が、私にとって
元気の源でした。
なんか気持ちが、ワクワクしたものでした。
私も見習って、社員に会ったら笑顔で一言声を
かけるように努力しています。

また続けますので、ご容赦を願います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

          トリアノン店主 安西 由紀雄

  • 海外団体旅行の日

いつもありがとうございます。

今日も相変わらず寒いですね。
それに、雪が降るかもしれないとの天気予報です。
こう毎日寒いと、ちょっと寒さの中休みが
欲しいですね。

カレンダーを見ると、今日は海外団体旅行の日
だそうです。
最近は、中国や台湾に団体旅行でいきます。
安いし3食付きですし、バスで見て回るので、
楽なので利用しています。
以前はひとりで海外旅行しましたが、だんだん
一人で食事をするのが、苦痛になって来ました。
若い時は、どうってこともなく安そうな店を探して
食べれましたが、歳とると無理になって来ました。

団体旅行ですと、最近必ずお一人様が、2,3人
いますのでその人達と、食事の時間だけは一緒に
食べてその他の時は、自然と個人行動するので、
気楽で気を遣わずに済みます。

私は、50年前ヨーロッパに一人で渡り技術
を学ぶために、働いていましたが、時々仕事が
終わって帰るときに、JALパックのバスに出会う
事がありました。
私と同じような年の大学生が、楽しそうに乗って
いるのを見ると、ひがみ根性から ”バスに乗って
いたって本当のパリは解らないよ、降りて歩きなよ”
と、心の中で思っていました。

そう思っていた私ですが、今は団体旅行のバスに
乗って、旅行気分を楽しんでいます。

4年間のヨーロッパ修業を終えて、羽田空港に着き
税関の職員が、私のパスポートを見ながら
”長い間ご苦労様でした”と、頭を下げてくれました。
こんな事 言われたのは、これが最初で最後でしたね。
うれしかったです。

いつも私の拙いブログを読んでいただきありがとう
ございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

        トリアノン店主 安西 由紀雄
  • 一輪のバラの花

いつもありがとうございます。

毎日寒い日が続きますが、お変わりなく
お過ごしでしょうか。

年末の事ですが、弊社のベテラン男子社員が、
彼の家に咲いていた黄色いチューリップを、
一輪持ってきてくれました。
さっそく私の事務机に飾りました。
一輪の花が置いてあるだけで、こんなにも
その場の雰囲気が変わるもんなんだと感心
しました。

それで今年のお正月から、近所のお花屋
さんで、一年中売っているバラの花を、
買って私の事務机に飾る事にしました。

まだ3週間しかたっていませんが、
三日坊主で終わらないように、続けようと
思っています。

ある有名な歌手が、コンサートには必ず、
マイクのそばのテーブルに、一輪の紅い
バラを飾って歌っています。
育ててくれたプロデューサーが、デビュー
してすぐに亡くなったそうです。
その方の恩を忘れないために、一輪のバラを
いつもそばに置いて歌っていると、何かの
インタビューで言っているのを聞きました。

私も、天国に行った娘や両親、そして親友を、
このバラと思い、彼らに感謝しながら、
恥ずかしくない人生を歩もうと、今年から
事務所に飾る事にしました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

      トリアノン店主 安西 由紀雄

  • 今日は、おむすびの日だそうです。

いつもありがとうございます。

なぜか今日は、おむすびの日だそうです。

もう1年以上前の話ですが、組合の会合が
箱根で開催されるので、一度乗ってみたかった
小田急ロマンスカーの一番先頭の展望車の
席を予約しました。
そうしましたら数日後頼んでいた旅行会社から
最前列の席が取れたとの連絡があったので、
喜んで当日新宿駅の小田急線に停車している
ロマンスカーに乗り込んだら、私の席以外は、
小学6年生の修学旅行生たちで満席でした。

電車が動き出すと、みんなワクワクしている
のが良く解り、”ヤバイ””ヤバイ”を、連発して
いました。
15分おきに公平に席が変わって、私の隣に
座っていた子も交代していきました。
しばらくすると、お昼のお弁当が配られ、
中身はおにぎりでした。
みんなおにぎりを見ないで、前の景色を夢中
になって見ながら食べていました。

私の子供たちの遠足も、こんな風にワクワク
していたんだろうなと思い、それに応えられる
ようなおにぎりを作ってあげられただろうかと、
考えさせられました。

30代前半の親の私の子育ては、未熟で
危なっかしいものでした。
逆に、子供たちから教えられる方が、
多かったです。

そんな事で、ロマンスカーは小田原箱根湯元
に着き、私は会合場所の旅館に向かいまし
たが、なんかズ~と緊張しっぱなしでしたね。
疲れてその晩は、早く寝る事が出来ました。

あの頃子供たちに作ったお結びは、どうして
も三角には出来なくて、俵状のお結びで
許してもらいました。

いろいろと考えさせられた、初めての最前列
のロマンスカーの旅でした。

最近全然お菓子の話をしていませんが、
大丈夫です。
着々とバレンタインチョコレートの準備はして
いますので、もう少ししましたら店頭に数多く
のバレンタイン商品が並びますので、
ご期待ください。

よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

    トリアノン店主 安西 由紀雄
  • 北国は、大雪のようです。

いつも寒い中、ご来店いただきありがとう
ございます。

昨日車で外出して、夜9時過ぎに家に
帰ったのですが、途中の環状8号線を走って
いると関越自動車道から都心に入ってくる
長距離バスの屋根に、30~40センチほど
雪が積もったまま走行しているのを何台も
目にしました。
日本海側は、大雪で苦労されているのだ
ろうなと、バスに積もった雪の多さを見ると、
生活の大変さを、感じてしまいます。

東京も今週末に再度寒波が来て、雪が
降るかもしれないとの予報もあります。
寒い毎日が続きますが、暖かくして
温度管理して健康管理もしっかりして、
この寒さを元気に乗り越えていきま
しょう。

いつもありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    トリアノン店主 安西 由紀雄

  • 今日は、手洗いの日だそうです。

いつもありがとうございます。

今日が一番寒い日のようです。

いつも書くことが無く、しかし書かなくてはと
思う時に助けてもらうのが、今日は何の
記念日か調べて、その題材でブログを書く
事です。

今日は、手洗いの日だそうです。
この冬の寒い時期には、風邪をひいたり
インフルエンザや、ノロウイルスなどが
流行っています。
その予防策としてやはり基本は、手洗いです。
石鹸で良く洗い、そのあと殺菌剤を噴霧して
います。
社員みんなが、れぞれに細心の注意を払って
事故が起きないように、働いています。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

     トリアノン店主 安西 由紀雄
  • 今日は塩の日、明日はスキーの日だそうです。

いつもありがとうございます。

今日は、由来は解りませんが、
塩の日だそうです。
たまたまですが、今日は鏡開きの日です。
ベテランの社員が、お汁粉を用意してくれました。
お餅を焼いて、お汁粉の中に入れて頂きました。
とてもおいしかったのですが、ここだけの話ですが、
塩を入れたらもっと味が締まって良かったのになと
思いました。

洋菓子でも特にクッキーなどには、弊社では
必ずと言っていいほど隠し味のように塩を
少し入れます。
その方が、より一層おいしくなりますから。


そして明日は、スキーの日だそうです。
これもまた由来は調べていません。
私も若いころは、12月に谷川岳の天神平に
雪が何センチ降ったというニュースが
ラジオから流れてくると、スキーに早く
行きたいと思ったものです。
クリスマスや正月の忙しさが一段落したら、
皆でスキー担いで上野駅に行き、朝6時発の
”特急とき1号”に乗って、越後湯沢で降りて
スキー場に行って楽しんだものです。

車で行くようになってからは、スタッドレス
タイヤをはいて雪道のドライブも楽しみました。
しかし40代後半になるとスキーで滑って転ぶと
10分以上かかってやっと立てるような具合いに
なり、そこでスキーは卒業しました。
もう最近では、スタッドレスタイヤに交換する
事もなくなり、雪が降ると滑るのが怖いので、
暖かい部屋でじっとしています。

あの白銀の世界と、越後湯沢駅で売っている
ホカホカの笹団子が懐かしいです。

今日は、私のつまらない昔話で失礼いたし
ました。  お許しください。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

       トリアノン店主 安西 由紀雄

  • 今日は成人の日です

いつもありがとうございます。

今日は、成人の祝日です。
成人おめでとうございます。
大きな夢と多くの希望が、かなえられるように
願っています。

やっと雨も上がり太陽も出て少し暖かくなりました。
成人のお祝いに、皆さんでトリアノンのデコレー
ションケーキを、お召し上がりください。
予約がなくとも15分ほどお待ちいただければ、
文字を書いてお渡しする事が出来ます。

どうぞよろしくお願いいたします。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

      トリアノン店主 安西 由紀雄
  • 今日は、外国郵便の日だそうです。

いつもご来店頂きありがとうございます。

今日は、すごく寒いですね。
もうお昼から冷たい小雨が降っています。
今晩は、雪になる天気予報でしたが、
本当にそんな感じがする寒さと雨です。
どうぞ暖かくして、お過ごしください。

今日は外国郵便の日だそうです。
今はもうすっかり縁が無くなりましたし、
インターネットで事が足りる時代に
なりました。
私が、外国で修業中はあの赤と青の
外国郵便の封筒が配達されるのを
待ち焦がれた時が何度もありました。
父からの手紙はいつも激励の手紙で、
母からはいつもホームシックになりそうな
手紙でした。
普段大体手紙は、5日から6日掛かって
配達されました。
往復で2週間ぐらい見なければならず、
特に友人からの手紙の返事が来るのが、
待ち遠しかったですね。
今と違って時間がゆっくりと流れて行く良い
時代でした。
懐かしく思いだされます。

昨日は休みを取って、某私鉄の募集した
バスツアーに参加して成田山新勝寺に
初もうでに行ってきました。
多くの参拝客で、大賑わいでした。
参拝した後、境内でいつもの様におみくじを
引いたら”凶”と、出てしまいました。
仏さまからの手紙の内容にがっかりしました。
しかしながら、そんなことに負けず
今年1年一家がばらばらにならないように、
また大病を患わない様に、気を付けて
穏やかに過ごせるようにしようと思いました。

皆様には、今年1年 無病息災の良い年で
ありますように、心から願っています。

これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

ありがとうございました。

   トリアノン店主 安西 由紀雄



  • 年末年始もお蔭さまで無事に終わりました。

いつもご来店いただきありがとうございます。

お正月三が日も、多くのお客様にご来店いた
だき誠にありがとうございました。

今日から会社に行かれる方も多くいらしゃると
思いますが、トリアノンは、5日までは6時閉店
となり、お正月の営業時間が続きます。
6日からは平常の時間となります。
ご不便を、お掛けしますがお許しください。

遅くなって申し訳なかったのですが、
高円寺で働いているお客様のお父さんから
ヘキセンハウスを、贈ってもらった娘さんと
そのお子様が感激されたと、うれしいメールを
頂きました。
お礼の返信メールを、すぐしなければいけ
なかったのですが、どうすればいいかと迷いまして
遅くなってしまいました。
このブログの紙面で大変申し訳ありませんが、
心よりお礼申し上げます。
これからもお客様に、もっと喜んでいただける
ように、なお一層努力してまいります。
ありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

       トリアノン店主 安西 由紀雄
  • お正月に相応しい、いい天気が続きますね!

いつもご愛顧いただき、
       ありがとうございます。

お正月も3日目になりますと、おせち料理
も無くなってきて、そろそろしょうゆ味にも
飽きてきたころではないでしょうか。

料理を作ったり、来客の接待などで
お疲れになったお母さんや奥様方、
ここでちょっと一息入れたらいかが
でしょうか?
そんな時には、煎れたての暖かいコーヒーと、
30種類のバラエティーに富んだケーキで
皆様のご来店を、心よりお待ち申し
上げております。

どうぞよろしくお願いいたします。
  • 元旦から多くのお客様に、ご来店いただきました。

いつもありがとうございます。

元旦から多くのお客様に、ご来店いただき
ありがとうございます。
例年お正月では、今日が一番忙しい日です。
混雑してご迷惑をお掛けしないように、
心がけてまいります。

話は変わりますが、
お正月にはトリアノンの恒例になりましたが、
各店の店長が元旦から働いてくれている
社員へお雑煮を作ってくれています。
私は、いつも仕事の都合で三鷹工場で
食べさせてもらっています。
三鷹のチーフは、以前イタリアンレストランで
修業した経験があるので、お雑煮とイタリアン
の前菜を何品かとアツアツに焼いた
ソーセージを添えて出してくれます。

忙しいので、ゆっくりと食べる時間もない
事もあり、三が日はお雑煮を作って、
皆に食べてもらっています。

賄いのお雑煮は、おいしいですよ!

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

    トリアノン店主 安西 由紀雄

    

   トリアノン店主 安西 由紀雄


  • 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

旧年中は、格別なご愛顧を賜り厚く
お礼申し上げます。
今年も引き続き衛生に厳重に注意し、
商品の安心安全に努めてまいります。

お客様皆様のおかげで、トリアノンは今年
創業57周年を迎える事が出来ました。
こうやって続けてこれたのも、ひとえに皆様の
ご支持とご支援のお蔭と心から感謝して
います。

これからもそれに甘んじる事無く、皆様に
末永く愛されるトリアノンでいるために、
前進し発展し精進してまいります。

どうぞ引き続きご支援ご指導ご鞭撻のほど
よろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

    トリアノン店主 安西 由紀雄

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。